あっちでも変なニュース、こっちでも変なニュース、変なニュースの花盛り。変なニュースが今日もどこかで真っ盛り。



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


酒井法子、ヤクザ連れで姉御会見!「のりピー涙の215秒会見」は復帰への演技!
酒井法子、ヤクザ連れで姐さん会見!「のりピー涙の215秒会見」は復帰への演技見え見え!  さすがは酒井法子、ヤクザの姉御です。ヤクザ連れで白々しい演技の涙の会見は、復帰狙い見え見え。数億円と言われる違約金を少しでも返したいという魂胆なのでしょう。

 「おめでとう!!」なんて横断幕を掲げてるバカもいましたが、のりピーみたいなヤクザは反省なんか全くしてません。ヤクザ連れて会見に臨んだのは開き直ってる証拠です。シャバに出たらまたシャブやるに決まってるんですから、こんなヤツは実刑にしないといけませんねぇ。。。

酒井法子、ヤクザ連れで姐さん会見!「のりピー涙の215秒会見」は復帰への演技見え見え! “貫禄”たっぷりと話題 のりピー運転手の正体

 41日ぶりに保釈された酒井法子被告が薄化粧で清純さを強調していたのに対し、出迎えのワンボックスカーでハンドルを握っていた運転手と助手席に座る男性の風貌が“貫禄”たっぷりだったことがネット上などで大きな話題を呼んでいる。サングラス姿の男性たちは酒井被告とどういう関係なのか-。

 17日夕、ワンボックスカーが警視庁東京湾岸署の正面玄関に到着すると、詰めかけた報道陣からどよめきが起きたワインレッドのエリシオン(ホンダ)には、特定の人たちが好む別注エンブレムが取り付けられタイヤホイールも特注品車高は下げられナンバーもその手の人たちが好む“ぞろ目”。さらに、乗車する男性2人が、見るからにコワモテのオーラを漂わせていたのだ。

 日本中が注目する瞬間だっただけに、なぜあんな雰囲気の男性たちを迎えに寄こしたのか理解に苦しみます保釈後も相変わらず美しかった酒井被告とは相当のギャップがありました。もっとも、報道陣や野次馬を“威嚇”するためにあえて動員されたのなら、効果てきめんでしたね(芸能ジャーナリスト)

 男性たちについて、サンミュージックは「私たちとは関係ありません。どういう方かも分からない」と話すが、事情を知る人物は「彼らは、逮捕直後から酒井被告を支援してきた建設会社の会長が知人に頼んで手配した人たち」と解説する。

 「会長が信頼して任せた運転手と助手が、たまたま迫力ある雰囲気の人たちだったということです。ワンボックスカーは会長の所有ではなく、大物外国人タレントや民間VIPの送迎を請け負う事務所の専用車。会長サイドが手配したのでしょう。決して怪しい出処のクルマではありません」

 とはいえ、記者会見場付近に集まった見物人の一部は、信号で停止した車を歩道からのぞき込み、フロントガラスから丸見えの男性らの姿に「ウォー」という声をあげていた。ネットの掲示板やブログも、この男性たちの話題で持ちきりの状態だ。夕刊フジは、会見場の地下駐車場で男性たちへの取材を試みたが、入り口に待機していたスキンヘッドの男性にあえなくつまみ出されてしまった。


酒井法子、ヤクザ連れで姉御会見!「のりピー涙の215秒会見」は復帰への演技見え見え! のりピー涙の謝罪会見「100%演技だね。復帰するね」

 「罪を悔い改めたい」と涙を流した酒井法子被告の謝罪会見。雑誌やテレビを通じて芸能界のスキャンダルを長らく見つめてきたベテランは、どう見たか。芸能評論家の肥留間正明氏がズバリ、直言する。

 やはり、女優として演技が上手かった。100%、演技だね。深々と頭を下げるというのが、まさにそれ。女優というのは、フラッシュやカメラを向けられると涙が流れるようになってる。あの状況は、女優の境地に入っていることになる。

 会見での謝罪も見事だった。間違いなく、落ち度もない言葉を発していた。拘置先でシミュレーションをしていたと聞くが、台本を覚える訓練をされているから、言葉は感覚をつかめばスラスラと出るものだ。本人は100点を付けていると思うよ。私が付けるとしたら、90点くらいだね。

 今後? 復帰するね。涙を流したことで「反省した」と、世間の半分が許したのではないか。

 今、日本で鳩山由紀夫総理を知らない人はいるが、酒井を知らない人はいない。これを放っておく手はない。

 芸能界で禊ぎの目安は、「大麻半年、覚醒剤1年」と言われている。来年の今ごろは、復帰しているだろう。拘置先で瀬戸内寂聴さんの本を読んでいたというから、寂聴さんのもとで反省するというパフォーマンスも取れる。

 復帰をするなら、映画がいい。会見では凄みすら感じた。「極道の妻」のように、善人の顔をしながら迫力のある役柄が似合うと思った。ただ、芸能界復帰の最低条件は、夫・高相氏との離婚。だらしない、バカ亭主に惑わされないためにも離婚すべき。

 酒井にも生きる権利がある。今後は彼女自身の生き方を見せて欲しい。(芸能評論家・肥留間正明)


banner_03

スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 今日もどこかで変なニュース. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。