あっちでも変なニュース、こっちでも変なニュース、変なニュースの花盛り。変なニュースが今日もどこかで真っ盛り。



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


酒井法子、箱根で覚醒剤デトックス!起訴逃れの捜査攪乱は誰の入れ智慧?
シャブづけポン中・酒井法子、そのヤクザの本性で裁判員から被告人に!  さすがにヤクザの血を引くだけあって、したたかな酒井法子容疑者の実像が見えてきました。逃亡しているときのメインの行き先は箱根! 箱根の温泉で、シャブの解毒、覚醒剤のデトックスをしてたのです。健康のためのデトックスではなく、不起訴になるためのデトックスと、海千山千の堂に入った手練れ“のりピー”酒井捜査攪乱をしたことは明白です・・・いけませんねぇ。山梨・身延町からの電話知人に預けた子供は、捜査攪乱の陽動作戦で、行き先の本命は箱根だったのでしょう。

 女3人の逃避行などとシャブP・酒井法子は供述しているようですが、まだウソついてますね。酒井法子は、夫の高相祐一が職務質問を受けた際、高相容疑者が「社長」と呼ぶ男性と車で姿を消していますこの「社長」はどこに行ったのでしょうか?

 この「社長」元総会屋の上山伸治氏は、のりピーがVIPルームでヤクをやっていた西麻布のクラブalife(エーライフ)のオーナーですから、ますます怪しい。悪質なジャブ起訴逃れの覚醒剤デトックス山梨携帯電話と子供の陽動作戦・・・といった入れ智慧は、上山伸治氏がしてたと考えるのが普通です。酒井法子は上山伸治氏のイロなんでしょうか。捜査の展開が待たれます。。。

※「社長」というのは、上山伸治氏ではなく、富永保雄氏で、産廃・解体業トミナガの実質会長です。その富永保雄氏の兄が、みやび法律事務所の影のオーナー・元弁護士の富永義政氏で、酒井法子の逃亡を仕切った人物です。ここに謹んで訂正申し上げます。

●のりピー、女3人逃避行「解毒の逃げ得ルート」とは
 綿密なサポート・・・「気が動転」供述と矛盾

 覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕された歌手で女優の酒井法子容疑者(38)の6日間にわたる“解毒逃亡”のルートが明らかになってきた。都内や山梨に加え、箱根や立川にも立ち寄っていたことが判明。これまでは育ての親である継母(62)と行動を共にしていたとされていたが、もう1人別の知人女性が酒井容疑者の逃避行に同行していたというのだ。女3人の逃亡・潜伏生活の真の狙いは-。

 警視庁組織犯罪対策5課によると、酒井容疑者は今月3日から出頭した8日夜までの逃亡経路について「神奈川県の箱根や東京都の立川にも立ち寄ったり、宿泊していた」と新たに供述。判明した立ち寄り先は、これまでの都内の港、新宿、千代田、中央各区と山梨・身延町に加え、東京・立川市と神奈川・箱根町が加わった。ただ、山梨については「どの市町村に立ち寄ったのかは覚えていない」とし、さらに、記憶があいまいで、特定できない立ち寄り場所もあるという。

 この逃避行について、「育ての親で、父の再婚相手である母親ともう一人の知人女性と一緒だった」と供述。車だけでなく、電車も使って移動していたと話していることが分かった。

箱根の温泉で“クスリ抜き”の可能性

 継母については、酒井容疑者が姿を消した3日以降、所属事務所のサンミュージックが酒井の身内として何度か連絡を試みたが、連絡は取れずじまい。今も所在はつかめていないという。また、新たに同行が判明した知人女性の素性も明らかになっていない

 酒井容疑者は6日間の逃亡中、1回だけ山梨・身延町で携帯電話の電波がキャッチされたほかは、長男を預けた知人女性へ公衆電話から電話をかけただけ。自家用車も都内に置いたままで、早くから同行者の存在が疑われていた。

 関係者への連絡や移動などで女性2人の綿密な“サポート”を受けていた可能性が強まったことで、当初は姿をくらませたことを「気が動転していた」としていた酒井容疑者の供述の矛盾点がさらに色濃くなった。「立ち寄り先の記憶があいまいというが、自分で車を運転していれば目的地は覚えているはず。第三者に連れられて移動していたことをうかがわせる」(捜査関係者)

 同課では、酒井容疑者が捜査を逃れるために逃走していたとみて、立ち寄り先の順番や日時など足取りの裏付け捜査を進めている。

 新たに判明した立ち寄り先の立川と箱根はどんな目的があったのだろうか。立川には、山梨・身延町と同様、酒井容疑者が信仰しているとされる宗教施設がある箱根は日本有数の温泉地で、身延町からも国道52号と東名高速を使えば2~3時間で到着できる距離にある。

 酒井容疑者は逃亡初日の3日、東京駅近くのコンビニで6000円分のミネラルウオーターやカップ麺などを購入していたことが分かっている。そのため、「覚醒剤使用の痕跡を消し去るため、体の新陳代謝を良くしようとミネラルウオーターを飲み、箱根で発汗作用のある温泉に立ち寄った可能性もある」とみる捜査関係者も。

 果たして空白の6日間は、女3人の“解毒行脚”だったのか。酒井容疑者は尿検査では覚醒剤は検出されなかったが、同課では常習的な覚醒剤使用を裏付けるため、酒井容疑者の毛髪鑑定の準備を進めている


banner_03

スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 今日もどこかで変なニュース. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。