あっちでも変なニュース、こっちでも変なニュース、変なニュースの花盛り。変なニュースが今日もどこかで真っ盛り。



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


一面で“行方不明のぬいぐるみ”を報じた新聞!バカにするなと苦情殺到!
ウサギの人形をなくして悲しむソフィア・オタウェイちゃん  日本のマスコミも“マスゴミ”の名をほしいままにするバカどもですが、オーストラリアの新聞もなかなかです。ぜひともウサギの人形がどうなったか、続報を一面でお願いしたいところですね。。。

1面で“行方不明のぬいぐるみ”を報じた新聞社 バカにしてんのか!?と苦情殺到

 「公的資金注入」、「不正献金受領の疑惑」など新聞の一番目立つ記事といえば経済や政治などが大半で、より多くの読者の生活に密着した内容が選ばれるものですよね。そんな常識を抜本的に覆してしまったオーストラリアの新聞が登場!「迷子」ならまだしも「迷子になった人形」を大々的に報じ、逆に多くの人の話題になっているのです。

 この記事を公表したのはオーストラリア、タスマニア州の新聞社では最も読者数が多い「ザ・マーキュリー」2月25日の表紙にこんな写真と見出しを使ったのです。

 HELP WANTED(助け求む)
 HEARTBROKEN OVER LOST BUNNY(ウサギを失いガッカリ)

 この子の名前はソフィア・オタウェイちゃん、3歳先日、お母さんと出かけた際、ソフィアちゃんはいつも持ち歩いているウサギの人形を落としてしまったそうなのです。悲痛の表情を浮かべるソフィアちゃんの顔と「迷子の人形」を探しているということが新聞の一面記事になってしまったのです!

 この迷子の人形を巡りオタウェイ家は大騒ぎ。街には「探してます」といったポスターを貼るなど、詳細は明らかになっていないが見つけてくれた人には「報酬」も出すと言っているようです。

 「知るかよー!」と言ってしまいたくもなりますが、「彼女はウサギの人形が大好きなの。3つあって、どこに行くのにも一緒だったの。ありえるところは全て探したのに、どこにもいないんです」と母親のマーティさんは言っています。

 更に、この記事はまるで誘拐事件を扱うかのような書きっぷりをしていて、「最後の目撃証言によると、人形はバッテリー・ポイントとエリザベス・ストリート・モールの間で落とされた可能性が高いとのこと・・・手がかりのある方は○○○を電話されたし」と、あたかも一大事のような煽り方!

 取材している側がいかにもポーズをさせたようなソフィアちゃんの写真も話題のきっかけになってしまったのか、この記事には数百件のコメントが寄せられていて、大きくわけて2つの種類に分類できます。

 一つはこの記事自体が本当に新聞社が一面に取り上げるべきネタなのかということ。

・なんだこの記事は。バカにしてんのか。
・どんな世界でこれが一面の記事になるんだよ!?
・ギャグだろ。こんなのが一面になるなら、失われた全てのおもちゃの記事を書けよ!
・これだけ不景気や災害が起きているご時世で、よくぞこんなネタを記事にできるな。タスマニアの恥だぞ。
・これがニュースになるなんて信じられない。私だっておもちゃを失くしたけど、だからってメディアに通報しなかったわ。
・逆にこれはとても前向きで、ハッピーで、ちょっと明るくなるストーリーだと思うな。事故とか不景気とか殺人とかより、よっぽど明るいじゃないか。ニュースの価値はあるよ。
・これは「釣り」!?

など、かなり辛口のコメントが多く寄せられています。そして一方では、この「事件」に関する書き込みも多く見られ、

・可愛そうに!見つかるといいね!
・私の娘が人形失くしたらきっと同じことするわ。お母さん、偉い!

など、ソフィアちゃんと彼女のお母さんに対する応援のメッセージもあるのですが、その大半は「ウサギが失踪した」ことについて突っ込むものが多く・・・

・そういえばイースター(復活祭)が近いから、どこかに準備でもしにいったんじゃない?
・そいつは俺が預かっている。切り裂かずに戻して欲しければサツには通報するんじゃねーぞ。
・そういえば、今日モールで見かけたよ。ほかのウサギとタバコ吸ってたぞ。
・そのウサギはきっとどこかに旅に出たんだ。戻ってきたらきっと面白い話をたくさん聞かせてくれるから。
・34年前、クリケットの玉を失くしたんだけど、誰か知らない?
・おもちゃ失くした子供はこいつだけじゃないだろ!
・ebayでウサギの人形がセールになってるぞ!
・昨日ウサギ食った。美味かったわ。ちょっと毛むくじゃらだったけど。

 毎日読んでいる新聞の一面に近所の子供がおもちゃを失くしたことが載っていたらどう思います?地域に密着した情報を提供するのも新聞社(ジャーナリズム)の役割ではあるのですが、これはさすがに度が過ぎてしまったようですね・・・。

 しかし、あまりにもバカすぎて逆に話題になったのも事実果たしてこのウサギの人形が見つかった日には、再び一面を飾るのでしょうか・・・。今後に注目ですね。


banner_03

スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

タイトルの探求/バカにしてんのか/バカにしてんのか
「バカにしてんのか」関連商品を探す アマゾン 楽天市場 楽天ダウンロード bidders TSUTAYA ストアミックス 楽天トラベル バカにしてんのか徹底検索 Yahoo! Google MSN goo 「バカにしてんのか」の画像を検...  [続きを読む]
徹底サーチ 2009/03/07/Sat 16:28
Copyright © 今日もどこかで変なニュース. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。