あっちでも変なニュース、こっちでも変なニュース、変なニュースの花盛り。変なニュースが今日もどこかで真っ盛り。



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フィリピンの白魔術「ボロボロ」の奇跡!現代人を癒やす治療の実態は・・・
 「ボロボロ」と呼ばれるフィリピンの白魔術のお話。こうゆう話題が出ると必ずそのインチキを暴くみたいな流れができるのですが、肯定的にとらえて病気が治った方がずっと幸せなのではないでしょうか。。。

アレにも効く? 現代人癒やす白魔術「ボロボロ」奇跡
フィリピン“ヒーラーの島”

 科学技術の発達で人類の未知は次々と解明されてきたが、まだまだ世界には不思議な事象がたくさんある南国フィリピンでは、水に入ったコップを体に当てるとゴボゴボと藻が吹き出し、患部が治癒するという「白魔術」が話題になっている。うわさを聞きつけて訪れた日本人は延べ200人に上るといい、中には「具合が良くなった」という人もいるという。

 白魔術を操る「魔術師」がいるのは、リゾート地として有名なセブ島の南にあるシキホール島

 淡路島ほどの面積で、かつて地元では人をのろい殺す「黒魔術の島」として恐れられていた。だが現在は、医療機関の不足を補うため、100人ほどのヒーラーと呼ばれる白魔術師が薬草やマッサージで島民を治療している

 中でも不思議なのが、「ボロボロ」と呼ばれる白魔術。実際に施術を受けた旅行ライターの片岡恭子さんは「普通のコップに水とツルツルした黒い石が1個入っている。おばあさんが竹のストローで水を吹きながらコップを体に当てていき、それが患部にさしかかると水が濁り、藻みたいなものが出てくるんです」と語る。

 水を換えて再び患部に当てることを繰り返すことで、体の中の“悪い物”を排出しているらしく、「トリックがあるようには見えない」(片岡さん)という。

 片岡さんによると、島でボロボロの施術ができる白魔術師はこの80代の女性と、別の場所に住む若い女性の2人「治せない病気もあるようで、その時は『病院に行ってください』と言う。疲れが蓄積するような病を治すのが得意そうだ」(片岡さん)

 「日本人は200人、欧州人は100人ぐらいボロボロへ連れて行った」と語るのは、島にあるコテージ「ヴィラ マーマリン」のオーナー、原田淑人さん。「お客さんの中には『肩がスーっと軽くなった』という人や『エックス線検査の黒い影が消えた』『胃痛が治った』という人もいた。涙を流した女子大生もいました。“何か”を感じたのでしょう

 原田さんもボロボロを手品やトリックとは見ていない「一度に6人ぐらい連れて行ったが、おばあさんは1回も奥に引っ込まずに治療した。それでもちゃんとコップは濁っていた。きちんと信じている人だけ、よく効くようです」。いわゆるプラシーボ効果も関係するかもしれない。

 「場所は、のどかな山の中の一軒家。おばあさんは金もうけではなく、能力を人助けに役立てたいと思っている」(原田さん)といい、治療費は患者が決めるシステムだという。

 原田さんによると、自然が多く残るシキホール島にはこのほかに、ほれ薬やビジネスに効く薬などを処方する白魔術師がいるという。


banner_03

スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 今日もどこかで変なニュース. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。