あっちでも変なニュース、こっちでも変なニュース、変なニュースの花盛り。変なニュースが今日もどこかで真っ盛り。



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


脳死は人の死ではない!脳死宣告から4カ月後に意識回復!
恐怖の頭脳改革(Brain Salad Surgery)  ザック・ダンラップくん、あと少しで生きながら臓器摘出!というところ、本当に殺されないでよかったですね。ダンラップくんが、自分が死んでいると医師が宣告したのを聞いたのを覚えていると言っているところが重要です。脳死って、結局死んでいないということじゃないですか!脳死は人の死ではない」ということがはっきりとわかる事件です。

脳死宣告から4カ月後、意識を取り戻した青年

[オクラホマシティ 24日 AP] 脳死を宣告されてから4カ月、医師が移植のために彼の臓器を摘出しようとしたところで、ザック・ダンラップさんは意識を取り戻した。

三輪バギーで交通事故に遭ったダンラップさんは、11月19日、テキサス州ウィチタフォールズのユナイテッド・リージョナル・ヘルスケア・システムで脳死を宣告された。彼の家族は彼の臓器を提供することに同意した。

親族が最後の別れを告げにきたとき、彼は足と手を動かした。彼はポケットナイフによる足や爪への刺激に反応を見せ、48日後、家へ帰ることができた。現在も自宅で回復中だ。

24日、彼と家族はニューヨークでNBCの番組『トゥデイ』に出演した。
「気分はたいへん良いです。ただ、たいへんです・・・忍耐力がないので」と、彼はNBCに述べた。

21歳のダンラップさんは、事故の記憶は何もないと発言している。
事故が起こる1時間のことは少しだけ覚えています。6時間前のことは、ちゃんと覚えています」と、彼は言った。

ダンラップさんは、自分が死んでいると医師が宣告したのを聞いたのを覚えているという。
そのとき起き上がってしたかったことをできなくて良かったです」と、彼は言う。
起き上がって生きていると知らせたかったのかと聞かれ、彼は「窓を突き破ってしまったでしょうね」と答えた。

CTスキャンの結果を見た父親のダグさんは、「活動が全くありませんでした。血流も」と証言している。

ザックの母親パムさんは、彼がまだ生きていると発見したときは、「人生で最も奇跡的な感じがしました」と語っている。
「私たちは親として感じるどん底の気持ちに落ちてから、また頂上にのぼったのです」と、彼女は言う。

パムさんは息子が「驚くほどよい調子」だというが、まだ脳外傷の回復に伴う記憶傷害が残っているという。
「彼が完全に回復するには1年以上かかるかもしれません。でも、それは構いません。 どれだけ長くかかろうと、私たちは彼がここにいることを感謝しています」と彼女は語った。

ダンラップさんは、最初に反応をみせるきっかけとなったポケットナイフを持っている。
感謝の気持ちでいっぱいになります、彼らがあきらめなかったことに対して。早死にするのは善人ばかりだから、僕は死ななかった」と、彼は語った。


■関連記事

banner_03
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 今日もどこかで変なニュース. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。