あっちでも変なニュース、こっちでも変なニュース、変なニュースの花盛り。変なニュースが今日もどこかで真っ盛り。



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「12時間耐久セックス」でバイアグラを大量服用した男、心臓発作で死亡!
「12時間耐久セックス」のためにバイアグラを大量服用した男性、心臓発作で死亡!  健康のためにやりすぎに注意しましょう・・・てなニュース。「12時間耐久セックス」の賭けに勝利したというのが、このニュースのミソ。。。ロシア語に「限度」という単語はあるのでしょうか。。。

「12時間耐久セックス」のためにバイアグラを大量服用した男性、心臓発作で死亡

 ロシアで12時間ひっきりなしに性行為を行うために、短時間に大量のバイアグラを摂取した男性が心臓発作で命を落としたそうです。男性は男性器の機能を無理やり持続させるためにバイアグラを大量摂取していたとのこと。

 では、なぜそのような行為に及んだのか、そして間違ったバイアグラの使い方をすることで、どのような問題が起きるのかを見ていきましょう。

 ロシアで機械工として働いていたSergey Tuganoさん(28歳)は2人の女性と「12時間ひっきりなしに性行為ができるか」ということに3000ポンド(約42万円)を賭けその女性2人と「12時間耐久セックス」を行っていたそうです。

 Sergeyさんは賭けに勝とうとして、短時間にバイアグラをボトルごと大量に摂取。その結果、賭けには勝利したものの心臓発作で命を落としてしまったようです。女性の1人であるAlinaさんは「すぐに救急隊に連絡したが手遅れで、どうすることもできなかった」とコメントしているとのこと。

 バイアグラ心臓病の治療にも用いられることがあるように、陰茎に限らず一酸化窒素を介した血管拡張を促進する作用があるため、服用方法を誤ると副作用として血圧の急激かつ大幅な低下や、心臓への酸素供給に支障をきたす狭心症などがあらわれることがあるそうです。そのため、大量に服用しすぎると心臓や内臓系にかなり負担をかけ、最悪Sergeyさんのように命を落としてしまう可能性もあるため、服用には注意する必要がありそうです。


banner_03

スポンサーサイト
Copyright © 今日もどこかで変なニュース. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。