あっちでも変なニュース、こっちでも変なニュース、変なニュースの花盛り。変なニュースが今日もどこかで真っ盛り。



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


進路に悩む石井慧選手、ダライ・ラマ法王に神妙に相談!
「心はモビルスーツ」と強心臓を強調した石井慧も、ダライ・ラマ14世の前では神妙に本音をチラリ  その奔放な発言でいろいろと物議を醸す石井慧選手ですが、ダライ・ラマ法王の前では神妙だったようです。この記事を読んで石井選手に好感を持ってしまいました。総合格闘技の世界は厳しいですが、石井選手頑張ってください!

進路に悩む?石井慧、ダライ・ラマにも相談・・・
「自分で決めろ」

 すったもんだの末、プロ格闘家への転向を表明した北京五輪柔道男子100キロ超級金メダリストの石井慧選手(21)が6日、チベット仏教最高指導者、ダライ・ラマ14世(73)に進路相談を求め「自分で決めた方がいいのか、長いものに巻かれる必要があるのか」揺れる胸中を明かした

 石井は、東京都墨田区の両国国技館でこの日行われたダライ・ラマ14世の講演会に、花束贈呈のための「サプライズゲスト」として現れた。

 主催した支援団体によると、講演終了後の来場を促したが、自ら「講演も聞きたい」と志願。約4500人の聴衆とともに仏教の「心」を説くダライ・ラマの講話に熱心に耳を傾けた

 講演に続いて行われた参加者との質疑応答では「待ってました」とばかりに2番目に登場し、「今、自分の中で全く分からない世界に来ている」転向宣言直後の揺れる心情を吐露した

 十八番の放言を封印し、「いろいろな人からアドバイスをもらっているが、最後は自分で決めた方がいいのか、長いものに巻かれるというやり方も時には必要なのか」と神妙に相談した。

 これに対し、ダライ・ラマは「自分自身で判断を下すことが最終的になさねばならない道だと、私は思う。たくさんの方のアイデアを取り入れることもためになると思うが、仏教的な観点から答えれば、状況をよく調べ、考えてみることだ」と回答。放言王の弱気の虫をつれなく突き放した。

 石井が、この言葉を理解できたかどうかは不明だ。


banner_03

スポンサーサイト
Copyright © 今日もどこかで変なニュース. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。