あっちでも変なニュース、こっちでも変なニュース、変なニュースの花盛り。変なニュースが今日もどこかで真っ盛り。



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


金正日将軍様の誕生日を前に、柳の花開花と月の輪の超常現象が!
金正日将軍様、スカッドさわやかと、誕生日を前に柳の花開花と月の輪の超常現象が!  さすがは金正日将軍様です。前年よりも早く柳の花が開花し月の周りに光の輪ができました将軍様のご威光は、ゴルフで11ラウンド連続でホールインワンするというギネス記録にまで及んでいるわけですから、なめてはいけません。今後も期待を裏切らない笑いを提供してくださることでしょう。。。

金総書記の誕生日を前に超常現象、国営メデイア報じる

【2月13日 AFP】北朝鮮の国営朝鮮中央通信社(Korean Central News Agency、KCNA)は12日、金正日(キム・ジョンイル、Kim Jong-Il)総書記の67歳の誕生日である16日を前に中国との国境にある白頭山(Mount Paektu)山頂の正日峰(Jong-Il Peak)で通常よりも気温が上昇して雪が溶けだすとともに、柳の花がほころび始めたと報じた。

 また、8日夜には「月の周りに光の輪ができるという、いまだかつてない現象」も観測され、金総書記の誕生地とされる白頭山上空が輝いていたという。

 KCNAは、「前年よりも早い柳の花の開花と月の輪を目撃した人びとは、自然や空でさえも金総書記の誕生日を祝って神秘的な恍惚(こうこつ)感を表現していたと興奮しながら語った」と伝えた。

 金総書記をめぐっては、白頭山上空に虹が現れるという現象ゴルフで11ラウンド連続でホールインワンを決めるなどの数々の神話が伝えられている。

 金総書記の誕生日には、式典やイベント、国花である「金正日花(Kimjongilia)」のフラワーショーなどが予定されている。(c)AFP


banner_03

スポンサーサイト


バミューダ・トライアングル“魔の三角地帯”で12人乗り飛行機が不明!
 バミューダ・トライアングルキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━ !!!!!
 バミューダ・魔の三角地帯!・・・懐かしい響きです。果たして小型旅客機はどこに消えたのか。続報を待ちたいところです。。。

「バミューダ魔の三角地帯」で12人乗り飛行機が不明

 大西洋に浮かぶ英領バミューダ諸島の南方1200キロ沖合で、12人乗りの小型旅客機が15日から行方不明となり、飛行機や小型船が突然消えてしまう伝説のあるバミューダ・トライアングル内だったことから米メディアが「魔の三角地帯の再来か」と騒ぎ始めた。

 旅客機は15日にドミニカ共和国を離陸後、英領タークスカイコス諸島付近で緊急信号を出してレーダーから消えた。

 米マイアミの沿岸警備隊が航空機などを出動させて約1万3000平方キロメートルに及ぶ海域を捜索したが何の痕跡もなく、米紙は「魔の海域で謎の消失」と伝えた。警備隊は嵐に巻き込まれた可能性を示唆し「超常現象説は採らない」と述べた。

 バミューダ・トライアングルはマイアミ、プエルトリコ、バミューダ諸島を結ぶ三角形の海域。かつて航空機などが原因不明のまま消失したとされたが、多くはハリケーンなどに巻き込まれた事故であることが分かっている。(共同)


banner_03

Copyright © 今日もどこかで変なニュース. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。