あっちでも変なニュース、こっちでも変なニュース、変なニュースの花盛り。変なニュースが今日もどこかで真っ盛り。



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


宇宙観光旅行用“棺桶ロケット”HEAT、宇宙飛行士の希望者見つからず!
デンマーク開発「棺桶ロケットHEAT」の完成予想図  デンマーク開発の棺桶ロケットですか。。。何の罰ゲームだよ!・・・てな感じのロケットに乗る希望者なんているんでしょうか。宇宙飛行士をデンマークではなく、オランダで募集しているというところが何とも。文字どおりHEATしてますねぇ。。。

こんなロケットありかよ! 命がけの宇宙観光旅行用ロケット

【Technobahn 2008/10/24 21:18】画像デンマークのロケット開発チーム「コペンハーゲン・サブオービタルズ」が開発を進めている宇宙観光旅行用の1人乗り有人ロケット「HEAT」の完成予想図。ハイブリッドエンジン利用することで高度100キロ超の「宇宙」まで到達して帰還する弾道宇宙飛行を行うべく、現在、開発が進められているものとなる。

 初期の日本の宇宙開発史を飾った「ラムダロケット」を一回り小さくしたような筐体は大人1人が立ったまま入るのがぎりぎりのスペースしか存在しないが、開発チームでは、乗員に対しては与圧服を着させた上で、この棺桶さながらのロケットに押し込んで、実際に打ち上げを計画しているというから驚きである

デンマーク開発「棺桶ロケットHEAT」の搭乗スペースの断面図  画像下は、ロケット先端の搭乗スペースの断面図となるが、このように1名の宇宙飛行士が乗り込むギリギリのスペースしかなく、さながらナチスドイツが開発した有人ロケット、Ba349「ナッター」並みの奇天烈さを誇っている。

 開発チームは現在、ハイブリッドエンジンの噴射実験に成功し、実用ロケットの開発段階にまで進んでいるが、唯一つだけ大きな問題に直面しているという。

 せっかくの有人ロケットにも関わらず、宇宙飛行士の成り手が見つからないということとなる。

 命知らずの50~60年代の米空軍のテストパイロットならいざ知らず、オランダでこんな特攻兵器みたいなロケットに乗ってみませんかと募集しても集まるわけがない

 とはいいつつ、開発チームでは現在、宇宙飛行士になってくれるボランティアの人を募集している


banner_03

スポンサーサイト
Copyright © 今日もどこかで変なニュース. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。