あっちでも変なニュース、こっちでも変なニュース、変なニュースの花盛り。変なニュースが今日もどこかで真っ盛り。



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


“死体水”は飲んでも大丈夫か?「マーム」受水槽の死体事件で!
これが死体が約1カ月浮いていたという問題の「マーム」の受水槽  ネットではすでに話題になってる“ジャスコ系ショッピングセンター「マーム」受水槽の死体事件”ですが、“死体水”を飲んでも大丈夫との判断が判断の基準も怪しげですが、“死体水”ですよ遺体の一部、糞尿、体液が確実に水に溶けている“死体水”ですよ・・・としつこく(笑)。「世界で唯一の“死体水”とか宣伝して売り出したらどうなんでしょうか。。。

“死体水”飲んでも大丈夫?受水槽に1カ月も遺体が・・・
問題なしと営業再開

 三重県内にあるショッピングセンターの飲料・食用受水槽に、自殺した40代男性の遺体が約1カ月間浮いていた一件をめぐる騒ぎが一向に収まらない。遺体発見直後も営業を続けていた店側は、いったんは営業停止したものの、「水質に異常なし」として再開それでも周辺住民の不安は完全にはぬぐい切れていない。人間の死体が1カ月間も浮いていた水は、本当に安全なのか? 専門家に聞いた。

 問題の遺体は先月27日、管理業者が受水槽内を点検した際に発見。その後の調べで、11月1日に失踪した男性と判明した。隣接する建物の屋上から飛び降り、受水槽に落ちたが死にきれず、水槽内で首を吊ったとされている。

 店内には76の飲食店があり、受水槽の水は遺体発見までの1カ月間、飲用や食用に使われていた。地元紙が報じたことで、店側は急きょ、29日に営業を停止したが、それまでに少なくとも約1万人が水を口に含んだと推定される。

 店には問い合わせが殺到したが、「検査の結果、水質基準に適合。肝炎やHIVウイルスの問題もなかった」として今月3日に営業再開。しかし、遺体が浮いていた1カ月間についての言及はなく、管理体制への不信感も増幅。海外では「死体水」と報じられ、店側もホームページ上の「お問い合わせ」項目を削除するなど、騒ぎは拡大し続けている。

 では、実際のところ、安全性はどうなのか。数々の水死体を扱ってきた元警視庁捜査一課長の田宮栄一氏は、長期間、水につかっていた遺体の腐敗は深刻。発表通りなら、遺体の一部や糞尿、体液は確実に水に溶け出していると推測する。

 「裸の水死体の場合、遺体がスープのようなゲル状に溶け出すことも考えられるが、今回は服を着用し、受水槽内の水も毎日循環している。じわじわ溶け出していったのではないか直接的に人体に影響があるとは考えにくいが、精神的な被害は甚大(田宮氏)

 一方「ウイルスやバクテリアは確実に水に溶け出すので、男性が大きな病気を持っていたら、間違いなく大事になっていた」と話すのは、人獣共通感染症の専門家、源宣之・岐阜大名誉教授。

 「受水槽は縦約3メートル、横約12メートル、高さ約3メートルでそれほど大きくはなく、水温も10度程度に保たれていたはず。ウイルスやバクテリアが死滅する環境ではなく、万が一、遺体から緑濃菌や大腸菌が溶け出していたら、老人や臓器移植者が日和見感染する危険も高かったただ、現在まで明確な健康被害が出ていないのなら、あくまで結果論だが、人体には危険はなかったのだろう

 とはいえ、「結果論」で周辺住民の不安を払拭することはできない。元厚生省公衆衛生局長の大谷藤郎氏は、「地元の保健所が安全宣言したのなら、ひとまずは安全に間違いないだろう。しかし、被害者がまだ納得していないのなら、もう一度、検査プロセスや詳細な結果を公表、説明する必要がある」と、嵐が過ぎるの待つような店と保健所の姿勢にクギを刺している


関連記事

banner_03

スポンサーサイト
Copyright © 今日もどこかで変なニュース. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。